▲TOPへ戻る

ブランド買取推進委員会

ブランド買取利用でハッピー

私のカワイイの素

ブランド買取センターを利用することは、今の時代そう珍しくないように感じられます。まだ使えるけど要らないブランド品は誰しもひとつは持っていますよね。それに、買取センターには新作なのにお安い商品が多々揃っています。内ポケットの中に小さな染みが・・・とか、そんなの私は一切気にしません。他の皆さんも同様なのではないでしょうか。一見すると何の粗もないように見える商品が割引されているとしたら、中古品でもかまいませんよね。それに最近の中古品は、ショップの方が非常に綺麗にして下さっているので、見ただけでは新品との差もそうそうありません。

まず、「ブランド買取利用でハッピー」の手順をご説明しましょう。最初に、要らないブランド品を持って買取りセンターを訪れます。購入金額に比べるとどうしてもかなり安くしか買い取っては貰えないので、少しがっかりすることとは思いますが、そこは我慢です。目的は、新しい商品の購入だ、と割り切りましょう。つまり、売った商品の対価は、お財布に入れる現金ではなく、その後のお買い物の時に「値引き」してもらう金額だと考えるのです。そうすれば、欲しい商品を見つけた時、用意した予算プラス、先に売りに出した商品の分の金額を差し引いて判断することができます。

そうしてささやかながら「元手」を手にしたところで、欲しい商品を探しましょう。同じブランドの全く同じ商品でも販売金額が違う、ということはよくあります。見ただけではあまり差がないように思えても、先に述べたように、目に見えない箇所に損傷や汚れがある場合がほとんどです。高級なかばんといえども、使っていれば裏地は汚れてしまうものです。些細な汚れには目をつぶりましょう。そうして、出きるだけ状態が良いように見えるものを選んでください。本当に新品同様の商品はお値段が上がってくるので、あくまで「良いように見えるもの」で大丈夫です。

そうして購入した中古商品、持ち帰った後の保存方法には十分に気を使ってください。それがかばんであるならば、必ず中にアンコを詰めることをオススメします。そうして収納するだけで、型崩れを大幅に防ぐことができます。勿論ブランド品なので大切に保管する、という理由もありますが、何故ってやはり、「次に売りに出す時」のことを考える必要があります。同じ商品を長く使用すること大切ですが、オシャレ好き女子としては、ついつい新しいものが欲しくなってしまいます。そんな時は、商品が傷む前に売りに出して、また違う商品を購入する、という手段もあるのです。その繰り返しが、私のカワイイの素、となっています。

Copyright©2013 ブランド買取推進委員会 All Rights Reserved.