▲TOPへ戻る

ブランド買取推進委員会

ブランド買取利用でハッピー

良い店の特徴

家に昔買ったブランド品が使われずに山ほど眠っている・・・という人、多いのではないでしょうか。高い値段で気に入って買った品々だから、いつかそのうち使うかも、と思って大切に取っておいたものは、たいていは2度と使わないもの、とも言います。大切に取っておいても古くなるばかりなら、いっそのことすっきり買取してもらったほうがお得ですよね。でも、買取してもらった経験のない人には、どうやったら上手に買い取ってもらえるかがわからないですよね。そんな人に、スムーズにいい条件で買い取ってもらうための方法とお教えします。

まずは、自分が持っているブランド品のコンデションを確認しておくことです。腕時計やアクセサリーなら傷がついていないか、革のカバンや靴なら擦れや汚れなどがないか、お洋服ならしみや部分汚れがないかどうか、チェックしてみるといいでしょう。傷を消すのは難しいですが、汚れならきれいに落ちる可能性があります。専用のクリーナーや汚れ落としを使って、出来るだけいい状態のほうが、買取価格も高くなります。特に長く放置しておいた洋服は、以前は気が付かなかった汚れが浮き出る場合があります。インターネットなどで汚れの種類を確認して、きちんときれいにしておきましょう。

それからブランド品を高く売るには、どの買い取り店にするか選ぶのも大事です。巷ではチラシやインターネットで「高価買取」「業界最高値」「地域№1」などのワードが氾濫しており、その情報の多さに迷ってしまうほどです。買い取りの価格はブランド買取店によって大きな差がある場合も多く、損をしないためにはなるべく比較して、良い条件のお店と取り引きしたものですよね。買い取り業者も様々あり、ネットで査定をしてくれたり、申し込みをして取り引きしたい商品を箱に入れ、査定額が納得できなければ返送してもらえる、というサービスもあります。

お店が決まれば、実際に買い取ってもらうための準備に入ります。店頭買い取りか宅配買い取りかによって多少手順は違いますが、どちらにも共通しているのが、身分証明書が必要だということです。運転免許証か保険証ですが、犯罪目的防止のために提示が必要になります。宅配の場合は、身分証のコピーが必要です。店頭の場合、査定額に納得すれば即 取り引きになりますが、宅配の場合は連絡、返送用のダンボールにつめて郵送、査定額の連絡、取り引き、という流れになります。昔は人気のあったブランドでも、今は人気がない場合もあるし、逆の場合もあります。まずは使わないブランド品などがいくらになるか、査定してもらうのはいかがでしょうか。

Copyright©2013 ブランド買取推進委員会 All Rights Reserved.