▲TOPへ戻る

ブランド買取推進委員会

ブランド買取利用でハッピー

売り手市場の今のうちに質屋との違いをよく抑えてブランド買取を

ブランド買取が売り手市場だと聞いて興味を持った人もいるかも知れませんが、そこで質屋との違いがわからずにどこでブランド買取を利用すれば良いのだろうかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

まず、そのようなケースですと買取をしてもらうということであればブランド買取専門店も質屋もどちらが有利ということはなく、単純に店ごとの商品に対しての考え方や在庫状況などによって変わってくるため、実際に査定をしてもらって金額の比較をするのが一番です。

そのため、単純にブランド買取をしてもらうのであれば専門店も質屋も大差がないということになりますが、質屋には専門店にはない大きな特徴があります。

それがブランド品を担保にお金を貸してもらうという方法であり、これは売るのではなくあくまでもブランド品を預けてお金を借りるので返済期限までに利息を乗せてお金を返せば預けたブランド品を取り返すことができるのです。 これこそが質屋の本来の業務であり、質屋独特のシステムとなっています。

つまり質屋というのは金融業のひとつなのですが、このシステムは非常にお金が借りやすいものとなっていてリスクが少ないものとなります。 一般的に借金というのは返済に苦労して、借金地獄に陥ってしまうというイメージを持っている人もいることでしょうが、質屋に限ってはこのようなことはありません。

それは何故かと言うと返済ができなければ、預けたブランド品が質屋のものとなりその代わりに借金がなくなるためです。 通常借金というのは借りたら返さなくては行けないものですが、質屋の場合には預けたものを取られてしまうことに納得さえできれば返せない時には返さなくても良いということになるのです。

そのため、預けたものを取り戻すつもりがないのであればブランド買取に出すのと同じということになります。 ただし、質屋に預ける場合には買取に出すよりも受け取ることができるお金は少なくなる傾向にありますから、最初から売る気があるのであれば買取をしてもらうようにしましょう。

売り手市場で売り手側が強い状況だけに、取り戻すつもりもないのに質預かりという形でお金を受け取ってそのまま質流れさせてしまうのは本来の価値に見合わないお金しか手にすることができないので勿体無いことになってしまいます。

逆に手放すのは惜しいけれども、お金がほしいという場合には取り戻す余地のある質預かりを利用してみるというのも悪いものではありません。 このようにブランド買取専門店と質屋は似たようで、違いがあるものとなっています。

Copyright©2013 ブランド買取推進委員会 All Rights Reserved.